Top
22年振り
今日、遂にファイナル6戦目にして、
「BOSTON Celtics」がNBA FINALを22年振りに(17度目)制した!

対戦したチームは西の名門「LA Lakers」今回優勝すれば15度目!

両チームがファイナルで対戦するのは11度目!

名門中の名門同士の対決!
(ちょっと違うけど、野球で言ったら、巨人対阪神みたいな感じかな?)

古くはビル・ラッセル対ウィルト・チェンバレン!
その次はラリー・バード対マジック・ジョンソン!
そして、今回はBIG3対コービー・ブライアント!
(BIG3=ケビン・ガーネット、ポール・ピアース、レイ・アレン)

*左から順番にKG,レイ・アレン,ポール・ピアース
d0150815_2004832.jpg



去年リーグ最下位やったボストンがオフシーズンにKG、アレンを大型トレードで獲得!
KGはミネソタ ティンバーウルブズで12年間フランチャイズプレイヤーとして過ごし、地位名誉お金は全て手にしたけど、なにもかもを捨ててでも欲しかったのがNBAチャンピオンズリング!

d0150815_2024283.jpg

*ちなみに個人的に僕はKGのファン!

リングを求めてボストンにやって来たKGとレイ・アレン。そして入団以来ボストン一筋の10年目ポール・ピアース!(なんと三人合わせて25回のオールスター選出!)

そんな三人も誰一人まだリングを持っていないっていうのが、いかにNBAを制するのが難しいかが解かる。(特にフランチャイズプレイヤーはチームからの期待も高く、なかなか移籍しにくいからだと思う。ファンからの期待も凄いやろうし...。)

どれだけKGがリングをとれたのが嬉しかったかは、終了のブザーがなった後、チームメイトと抱き合い興奮し、はしゃいでたかと思ったら、インタヴューの時には帽子で顔を隠して泣きじゃくってる姿を見たら本当に長く険しく、ミネソタから去る辛い気持ちがあり、自分の決断が間違いではなかったことが証明できたっていう安堵感からやと思う。
勝手に自分でそう判断して泣けてきた。

ビル・ラッセルがシーズン中にKGに「今年、リングが手に入らなければ自分が持っているリングを君に挙げるよ!君はそれだけのプレイヤーだ!」と、言われていたKGがラッセルに抱きつき「僕もリングを獲得することができたよ!」と何度もラッセルと抱き合いながら叫んでる姿を見てさらに感動してしまいました!!!!

d0150815_316173.jpg


本当にもっと言いたい事は山ほどあるけど、書ききれない...。

でも、07-08シーズンはホンマにヤバイシーズンやったは~~~~!






って、言いながら毎年思ってる気もするけど...。。







もっと詳しい話を聞きたい方は、是非、声かけて下さい!

さぁ、もう一回今から今日のゲーム見ーよおっと!
[PR]
by booze2007 | 2008-06-19 03:18
<< 6/24(火)COUNT FO... リンクの追加です! >>